陸上貨物運送事業の労働災害の70%は、トラックの荷台等からの墜落・転落等で荷役作業中に発生しています。さらにその70%は荷主等の事業場で発生しています。
 このため、厚生労働省では平成25年3月にガイドラインを策定し、陸運事業者の実施事項、荷主等の実施事項を示し、陸運事業者及び荷主等それぞれに荷役災害防止のに必要な安全衛生教育を実施することを定めています。
 
 本年度は、この荷役ガイドライン周知を目的とした講習会を実施致します。